理想の家が見つかる注文住宅会社ガイド【福岡版】  » 特集:デザイン&住みやすさにこだわった福岡の家 » 福岡で注文住宅を建てる前に

福岡で注文住宅を建てる前に

注文住宅を建てるときはほとんどの人が初心者であり、わからないことがたくさんあるのが普通です。

そこで、本記事では注文住宅を建てるときの大まかな流れをご紹介していきます。

少しでも不安が解消されれば幸いです。

また、福岡で注文住宅を建てる場合の費用の相場も合わせて紹介しますので、参考にしてください。

契約までの流れ

契約書

施工業者と契約するまでの一般的な流れは以下のようになります。大体3~6ヶ月程度を見込んでおきましょう。

なお、以下の流れは場合によって順番が前後しますのでご了承ください。

(1)計画の立案

建てたい住宅のイメージを作ります。

後々追加されたり削っていったりするので、この時点ではざっくりしたもので構いません。

(2)情報の収集と整理

インターネットや業者のカタログ等を参考にして、住まいに関する情報を集めて整理していきましょう。

自分の資産状況も整理して、住宅にかけられる予算を把握しておきます。

(3)土地探し

条件に見合う土地を探して入手します。既に土地がある人はこの工程をスキップします。

建築に制限がある土地もあるので必ず確認しておきましょう。

(4)業者の選定

施工業者を選定します。ネットの評判や口コミなどからある程度絞り込んで業者を選びましょう。

住宅のイメージや予算などを伝えて、できれば複数の業者から見積もりを取ってください。

この時の打ち合わせで住宅の大部分が決まっていくので、納得がいくまで話し合ってください。

(5)ローンの相談

施工業者とプランを練る段階から、金融機関と話し合ってある程度の資金計画を練っておきましょう。

ローンの種類や組み方によって返済総額が変わってしまうので、各ローンを比較検討してください。

(6)施工業者と契約

建ててもらう住宅の条件や予算、支払いのスケジュールなどに折り合いがついたら、施工業者と建築工事請負契約を締結します。

契約後の流れ

実際に工事に着手されてからの一般的な流れは以下のようになります。

大体3~4ヶ月程度を見込んでおきましょう。

この流れもケースごとに順番が前後します。

(1)着工

建築工事請負契約に従って、整地や基礎工事が開始されます。

依頼主としては、地鎮祭に参加する以外あまりやることはありません。

必要に応じて隣近所への挨拶を行ってください。

(2)ローンの申込

建築工事請負契約によって工事費が確定されたら、金融機関にローンを申し込みます。

(3)工事状況の確認

必要に応じて工事中の建物を確認します。

計画と違っていないかチェックし、トラブルがあったらその都度対応してください。

(4)工事の完了と検査

工事が完了しても、まだ入居はできません。

役所に申請した建築確認通りかどうか、工事監理者や役所の検査があります。

これに合格したら、改めて建主・工事責任者・設計者などが仕上がり確認を行います。

(5)引渡しと引っ越し

検査で問題がなければ引渡しです。鍵や書類などを受け取ってください。

引渡し後の流れ

(1)登記

新しい建物を登記します。表示登記と保存登記という2つの登記が必要になります。

(2)ローン契約

申し込んでいた金融機関と、正式にローン契約をします。

登記関係はこの段階で一括して行われることも多いです。

(3)引っ越し

電気・ガス・水道・電話などを開通し、実際に引っ越します。

新生活の始まりです。万が一建物の不具合に気がついたら、すぐに施工業者に連絡しましょう。

福岡県の注文住宅の相場

一軒家

注文住宅を建てる場合、業者によって費用にかなりの違いが出てきます。

同じ業者であっても建物の規模や仕様によって違うので、ここでは福岡県における注文住宅の一般的な相場感をご紹介します。

(1)建物の相場や坪単価

福岡県の注文住宅の平均価格は2,786万円です。坪単価は49.8万円となっています。

全国平均がそれぞれ2,832万円と52.2万円なので、福岡県の相場は全国平均よりも安くなっています。(平成24年度調べ)

(2)土地+建物の相場

土地を含めた福岡県の注文住宅にかかる費用は、平均3,758万円となっています。

坪単価は108.2万円で、ともに全国平均の3,898万円と113.7万円を下回っています。(平成25年度調べ)

(3)福岡のローコスト住宅の相場は?

ローコスト住宅に注目した場合、福岡県の業者の相場は坪単価35万円程度となります。

特に福岡市博多区の「吉岡工務店」では坪単価32万円台の施工事例もあるので、興味がある人は問い合わせてみましょう。

5.不動産以外の費用

注文住宅を建てる場合には、土地や建物以外に以下の費用が必要となります。

(1)工事に関する費用

  • 敷地調査費(または地盤調査費)…土地面積によります。建物建築請負契約に含まれる場合もあります。
  • 建築確認申請費…5~20万円ほどです。こちらも建物建築請負契約に含まれることがあります。

(2)ローンに関する費用

全てローン契約毎に額が異なります。

  • 団体信用生命保険料
  • ローン契約の印紙税
  • 融資事務手数料

(3)登記に関する費用

司法書士や土地家屋調査士に依頼するかどうかで大きく変わります。

  • 土地の所有権移転登記
  • 建物の表題登記
  • 建物の所有権保存登記
  • その他抵当権設定登記など

(4)その他の費用

  • 印紙代…各種契約の際に必要です。
  • 工事期間中の仮住まい用の家賃…自宅を建て替える場合に必要となります。
  • 上棟式…行う場合は5~15万円程度を見込んでおきましょう。
  • 地鎮祭…神主さんへの謝礼は約3~5万円程度が相場です。
  • 近隣住民への粗品代…挨拶周りの際に必要です。

まとめ

注文住宅は建売住宅と違い、様々な手続きを踏んで行われていきます。

ケースごとに流れが違いますが、一通り覚えておくと戸惑わずに済むでしょう。