理想の家が見つかる注文住宅会社ガイド【福岡版】  » 特集:デザイン&住みやすさにこだわった福岡の家 » 補助金申請を忘れずに!

補助金申請を忘れずに!

福岡県では、住宅を建てる人に向けて自治体ごとに各種補助金制度が存在します。

もらわないのは損ですので、忘れないように申請しておきましょう。

なお、記事の情報は2017年8月時点のものです。

補助金や助成金の制度は変更や中止の可能性があるので、常に最新の情報を確認してください。

福岡県全体

大宰府

(1)平成29年度福岡県快適な住まいづくり推進助成制度

一定の基準をクリアした木造住宅を新築するか購入する場合に補助金が出る制度です。

一戸建てで、使用する木材の70%以上が県内加工木材であること、長期優良住宅の認定があること、バリアフリーに関して一定の基準を満たしていることなどが補助金を受ける条件です。

(2)ふくおか型長期優良住宅プロジェクト

「長期優良住宅」を満たし、さらに異なる基準を満たした「ふくおか型長期優良住宅」の取得時に、住宅ローンの金利優遇や融資手数料の割引が受けられる制度です。

耐震性能、バリアフリー性能、フレキシブル性能、防犯性能に関して一定のレベルに達しており、県内産の木材を利用していること、3世代対応住宅であることなどが条件とされています。

北九州市

(1)住むなら北九州 定住・移住推進事業

北九州市外から転入してきた世帯や、市外に勤務する市内居住の若年新婚世帯が、一定の要件をクリアした良質な新築または中古住宅を取得する際に補助金を出す制度です。

世帯人員1人につき15万円、最大で50万円をもらうことができます。

申込みには期間があり、先着順です。4回募集が行われ、1度の募集につき、市外からの転入者は20戸まで、市内の新婚世帯には2戸までの制限があります。

2017年8月時点で1回目と2回目の募集は終わっています。以後の募集日程は以下です。

・第3回:平成29年10月1日から12月31日

・第4回:平成30年1月1日から3月31日

うきは市

(1)地域木材利用促進事業

うきは市産の木材使用量が70%以上の新築住宅やリフォーム住宅について、最大60万円を交付する制度です。

主要構造物がうきは市産の乾燥材であることや、施工した建設業者がうきは市内の業者であることなどの要件があります。

使用する木材の量によって交付金の額が変わっていくほか、IターンやUターン者には優遇措置があるのが特徴です。

鞍手町

(1)定住促進奨励金

定住を目的に鞍手町に新築または中古住宅を購入した人が対象です。10年間で最大150万円の奨励金を交付してもらえます。

床面積が50~280㎡までの建物が対象です。住宅建築のために土地を購入すると、土地の分も奨励金の対象となります。

飯塚市

(1)飯塚市定住促進転入者マイホーム取得奨励金制度

定住を目的として飯塚市に転入し、マイホームを建築または取得した人に向けた制度です。

新築住宅の購入費の10%の奨励金を受け取ることができますが、上限額が50万円までと定められています。

また、飯塚市の業者が施工または販売した住宅であれば、さらに10万円の奨励金が加算されます。

添田町

室見川

(1)定住促進住宅用地取得支援事業

町外に3年以上住んだ人が添田町で定住する際、住宅を建築するための「土地」の取得について支援金を交付してもらえます。

支援金の額は土地取得費の10%で、上限が100万円となっています。

ただし、東日本大震災の被災者であればさらに50万円が上乗せされます。

(2)定住促進住宅取得支援事業

上記が「住宅用地」の取得に対する支援だったのに対して、こちらは「住宅」そのものの購入や建築について補助金を受けられる制度です。

給付額は住宅取得費の10%で、100万円が上限ですが、いくつかの加算制度があります。

まず、添田町内の建設業者を利用していれば、50万円が上乗せされます。

次に、福岡県内産の材木を使用していれば25万円の上乗せがあります。

ただし30本以上の柱に福岡県産の木材を使っていなければなりません。

また、多世帯同居用住宅であれば、25万円の追加金を受けられます。

最後に、東日本大震災に被災した世帯の場合は、50万円の補助金が加算されます。

八女市

(1)八女材普及促進住宅資材助成事業

八女材を使って新築または増築した住居に対して助成金を出す制度です。

八女市内に居住するための木造住宅で、木造軸組工法を基本とする住宅であること、床面積が50㎡以上であること、八女材の使用量が木材使用量の80パーセント以上を占めていることが条件となっています。

転入者だけではなく、既に八女市内に居住している人でも申請できるのが特徴です。

市内在住者には50万円、市外からの転入者には80万円が交付されます。

みやこ町

(1)みやこ町定住促進住宅助成金

みやこ町に家を新築または中古住宅を購入した転入者に向けて、固定資産税に相当する額の補助金を交付する制度です。

みやこ町外に1年以上住んでいた人が定住目的で転入するなどの要件を満たさなければなりません。

まとめ

福岡県の各自治体が行っている補助金事業のうち、新築住宅にまつわるものをピックアップしました。

リフォーム時にはまた別の補助金が存在するので、詳しくは各市町村の担当窓口へ問い合わせてください。